FC2ブログ

荒川自然公園 公式ブログ:公園管理通信

荒川自然公園管理事務所スタッフが公園の日々の状況をお伝えします。

Entries

『おもしろ植物情報』第三回』

『おもしろ植物情報』第三回

ツキミソウ
ツキミソウ
 さて、今回は名前がややこしくなってしまった植物のお話です。
 「月見草」と言えば、まず思い浮かぶのが、太宰治の「富嶽百景」の中の有名な一節、「富士には月見草がよく似合ふ」です。しかし文中、「黄金色をした」と形容されているので、こちらは待宵草([オオ]マツヨイグサ)ではないか、が定説になっています。当時、月見草はほとんど消滅し、見かけることも少なくなっていました。代わりに待宵草が「月見草」と呼ばれたりしていました。
話は前後しますが、ツキミソウ(ツキミグサ)とその仲間のマツヨイグサ(マツヨヒグサ)は江戸時代末期に渡来しました(カッコ内は飯沼慾斎の草本図説による)。江戸の人々はいたくお気に召し、かなり普及したようですが、ツキミソウの方は日本の環境に合わなかったのか、野生化することはなく、ほぼ姿を消してしまいます。逆にマツヨイグサは強く、自生し、一部で野生化しました。この「待宵草」は大正時代、竹久夢二の詩に詠われて名を成しました。皆さんご存知の「♫宵待草(ヨイマチグサ)」ですが、お気付きの通り、字の列びが違います。これは作者の勘違いとする意見もありますが、音の響きを大切にした詩人の感性から、との説が有力です。
このように元の名前以外の呼び方が普及した二種ですが、いづれにしても一晩だけ開く可憐な花として人気があり、その後も、仲間の「オオマツヨイグサ」「メマツヨイグサ」「ユウゲショウ」などが導入され、いずれも「月見草」と呼ばれてもいます。それらの一つで昼間にピンクの花を咲かせる「ヒルザキツキミソウ」(ん?昼に咲くのにツキミソウってなんやねん)も人気になって広く普及し、逸出したものがあちこちで野生化しています。―――写真はホンモノの「ツキミソウ」


 自然公園内での『おもしろ植物情報』の掲示位置はこちら

by <ハクチョウ1号>
スポンサーサイト



クイズラリーが夏バージョンになりました。

クイズラリーのテーマが「夏」になりました!

今回も夏にまつわるクイズをご用意しています!

クイズを掲示してある位置が春のクイズラリーの時と違っているものがあります。
案内図も取り付けてありますので、合わせてご覧ください。
案内図

クイズの内容も一部ご紹介します!
クイズ
夏の星座についてのクイズや

クイズ2
夏の必需品、蚊取り線香についてのクイズもあります。

答えは一体何なのか・・・ぜひ公園でご確認ください!


by <ハクチョウ5号>

『おもしろ植物情報』第二回

『おもしろ植物情報』第二回

キランソウ
ジゴクノカマノフタ
なんともおどろおどろしい名前ですが、キランソウ(金瘡小草・金襴草)という、愛らしい名前もあります。ついでにもう一つ別名を上げると、「筋骨草(きんこつそう)」などと言われてもいます。「地獄の釜の蓋」にしろ「筋骨草」にしても、可憐なこの花の姿には似合わないと思うのですが、いかがなものでしょう。
墓地などでも日当たりの良い場所でよく見かけ、地べたにへばりつくように咲いている形を”地獄の釜の蓋”に見立てたのだとか、古くから民間薬、漢方にも用いられてきて色々と薬効があり、この草のおかげで元気になり、地獄の釜に蓋をしてしまう、という例えからつけられた、などの説があります。その薬効あらたかなところから「医者倒し」などとも呼ばれます。全草に薬効があり、開花期に採集して日に干したものを「筋骨草」と呼ぶそうです。解熱、咳止め、健胃、下痢止め、去痰、腹痛、高血圧、虫刺され、切り傷、火傷にと、その効能は枚挙にいとまがありません。最近の研究では関節症や骨粗鬆症への有効性、また筋肉を増強する作用も見いだされています。昔の人はまるでそれをわかっていて「筋骨草」と名付けたみたいですね。このように色々と呼び名があるのは、きっと身近に親しまれてきたからでしょう。現在、地味で目立たないせいか花の話題にもあまり登らないような気がしますが、その薬効や可憐な花の姿、またシソ科で、食べられる野草として香りもよく、どうしてどうしてなかなか隅には置けません。
花期は3~5月で、自然公園での花は終わってしまいましたが、来年、是非お目にかかりましょう。


 自然公園内での『おもしろ植物情報』の掲示位置はこちら

by <ハクチョウ1号>

ミニバラを植えました!

大輪のバラのあとは、ミニバラです!

アスレチックコーナー入り口の四角い花壇
四角花壇
ミニバラで埋めてみました。

こちらは交通園とテニスコートの間の大きな階段の上
大階段上

そしてトイレの前にも
トイレ前

こちらも別のトイレ前です。
トイレ前(2)


そして~~~、こうです。
三角花壇

バラ、バラ、バラ。ひたすらバラだらけ。
もう、どこだかわからないぐらいバラです(^^)
こちらはアスレチックコーナーの近く、チューリップが咲いていた三角の花壇です。

どうぞマスク着用の上、人間(じんかん距離をしっかりとって、ご覧くださいm(_ _)m

新型コロナウィルスによる自粛で疲れた心が、少しでも和みますように・・・

by <ハクチョウ1号>

バラが見頃です

今年も中央通り、スロープで、バラが見頃になりました!

中央通りのバラ園の様子です。
P5110204.jpg 

P5110189.jpg 

一輪一輪が大きいので見ごたえがありますね。

P5110198.jpg
きれいなグラデーションだったので思わず写真を撮ってしまいました。


スロープのバラの様子はこちら。
P5110197.jpg 
こちらはプランターなのでより近くで花を楽しめます。
写真では曇っているように映っていますが、実際は天気が良かったので青空に花の色が映えてとてもきれいでした!


緊急事態宣言が延長となり自粛期間が続いていますが、
お散歩などで通りかかった時にバラを見て少しでも明るい気持ちになってもらえると嬉しいです。
バラを見る時には人との距離が近くならないよう、譲り合って楽しんでください。


バラを見る時だけではなく、公園に行く時にはマスクを着用人との距離を十分に開けて頂くようお願いします!

by <ハクチョウ5号>

Menu

最新記事

プロフィール

荒川自然公園管理事務所

Author:荒川自然公園管理事務所
【住所】
東京都荒川区8-25-3
荒川自然公園管理事務所
公式サイト


カウンター

検索フォーム