荒川自然公園 〜 公式ブログ:公園管理通信

荒川自然公園管理事務所スタッフが公園の日々の状況をお伝えします。

こんにちは!

今、園内わいわいプールの横では、ジンチョウゲ
そのすぐ近くのハーブ園では、ローズマリーが開花しています。

このジンチョウゲ・ローズマリーのキーワードは、『香り』!

ジンチョウゲは、クチナシやキンモクセイと並んで三大香木の1つ
とされています。春にピンクの花を咲かせる樹木で、花のさわやかな
甘い香りは、香水としても利用されています。

ジンチョウゲ

ローズマリーは、シソ科マンネンロウ属の植物でハーブの中でも
1・2を争うほど、美しい花を咲かせることで知られています。特に
葉の部分は香りが強く、肉料理の臭い消しとして利用されています。

ローズマリー

これからの時期、目で見て感じるだけではなく、香りでも春を感じる
ことができる、そんな荒川自然公園です!

ジンチョウゲ・ローズマリーは、次の場所でご覧いただけます!

開花マップ


by <ハクチョウ2号>
スポンサーサイト

カンザクラに続いて、カンヒザクラも開花しました。

カンヒザクラ

えっ、これで開花?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
カンヒザクラは、咲いても開き方はこの程度です。
半開の花が垂れ下がって咲くので、他の桜ほど注目されないようです(;_:)

中国南部・台湾原産
沖縄では野生化していて、サクラといえばこちらを指すそうです。
ヒカンザクラ(緋寒桜)とも言われますが、本土のヒガンザクラ(彼岸桜)と混同されないよう、
カンヒザクラ(寒緋桜)と呼ぶことが多いです。
俳句では「緋寒桜」が冬の季語になっています。
と、何やら名前に関してはややこしいです。
が、まあ、それは人間の勝手で、サクラのせいではありません。
どうぞ、余念なく花をお楽しみください。

カンヒザクラはカンザクラのすぐそば、赤丸の場所で、ご覧いただけます。

さくらマップ

by <ハクチョウ1号>

こんにちは!

何度か、お伝えしたカンザクラが満開となり、
連日、写真撮影をおこなう方々で賑っています!


カンザクラ 1

カンザクラ 2

満開のカンザクラの横では、カンヒザクラがツボミを
大きく膨らませ、今にも咲きそうな気配を漂わせています。

カンヒザクラ 1

これからの時期は、園内に10種類ほどのサクラがあります
ので、開花が楽しみな毎日となりそうです。


カンヒザクラ…サクラの原種の一つ。旧暦の正月あたりに咲く
ことから、ガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもあります。

カンザクラ・カンヒザクラは赤丸の場所で、ご覧いただけます。

さくらマップ


by <ハクチョウ2号>

こんにちは!

今朝はとても寒く、お天気情報では0℃ということでした。

暦の上では2月4日の立春も過ぎ、もう春のはずですが
なかなか気温が上がらず、寒い日が続いています。

ただ、土の中では春がやってきているようで
カンザクラ下のスイセン・三角花壇のチューリップ
芽が地上へと顔を出し始めています。

スイセン 1
             スイセン

スイセン 2
        スイセン開花の様子(昨年)

チューリップ 1
            チューリップ

チューリップ 2
       チューリップ開花の様子(昨年)

みなさんもご来園の際は、地中から力強く出てきている姿を
ぜひ、探してみてください。
たくさん、出てきているのですぐに見つかりますよ!


by <ハクチョウ2号>

こんにちは!

『いきもの情報かわら版 2.06号 』を発行しました!

いきもの情報かわら版 2月

今回は、カンザクラ・紅梅・ツバキなどのほか、モズ・ツグミなどの
野鳥を紹介しています。

カンザクラ

先日、お知らせしたカンザクラの開花ですが、少しずつ開花数が
増えてきました!


by <ハクチョウ2号>